カテゴリ:想い出の北アルプス( 2 )

我が山旅の始まり

 新宿駅発 中央本線23時55分発長野行普通列車 ワッペン
 当時、新宿駅は連日のように、山屋さんで混雑していて、国鉄(当時の呼び名)ではこのようなワッペンを列車ごとに乗客に配布し、たくさんの乗客を整理していました。下の数字は確か4番線ホームを示したものと思います。親友であり、当時からの山仲間である、坂戸市のS.Jさんが大切に保存していたものです。(以下も同じ) 
昭和41年7月23日のもの。
a0008664_16595173.jpg


 北アルプス双六小屋の記念スタンプです。日付けは昭和41年7月26日
もちろん小屋に宿泊は出来ませんでした。重い三角家型テントを担いで登った、高校山岳部夏山合宿3日目の記念品?です。 
a0008664_1730197.jpg


 槍岳山荘の記念スタンプ。 日付はS41.7.27です。裏銀座を縦走し4泊目に槍の肩にテントを張りました。初めて見た槍の穂先に、身震いがするほどの感動があったのを、今も忘れません。
a0008664_17475937.jpg


横尾山荘の記念スタンプ S41.7.28
NIPPON-ALPSの文字とピッケルのデザインが良いと思いませんでしょうか。

このときは、裏銀座縦走を終え、北穂高から涸沢を下り最終幕営地である横尾山荘前の川原にキャンプをしました。川原の砂地の上は、柔らかなベッドに寝るような感覚で、熟睡できたのを覚えています。この翌日、横尾から徳本峠を越え島々谷を下り、島々まで確か11時間の歩程、足は豆がつぶれ大変でした。
 
現在の横尾山荘は当時とはすっかり様変わりしています。山小屋では驚くほどの大きなお風呂を完備しています。奥上高地散策の拠点として、また穂高、槍を目差す登山者の中継基地としてにぎわっています。
a0008664_20375312.jpg

[PR]
by atranta | 2006-04-16 17:00 | 想い出の北アルプス

北アルプス裏銀座コースブナ立て尾根取りつき 04/8/21

裏銀座コースブナ立て尾根の取り付き点はこの滝の50メートルほど下流の左岸にあります。濁沢には最近、立派な橋がかかりました。
 昭和41年の夏、初めてこの場所にきたときの懐かしい想い出がよみがえりました。当時は葛温泉までしかバスが入っておらず、そこから七倉、そしてその先の濁小屋までが入山第一日目でした。確か、高瀬川沿いの軌道敷きを重いキスリングを背負い懐中電灯の明かりを頼りに歩きました。 a0008664_23102147.jpg
[PR]
by atranta | 2004-09-19 23:08 | 想い出の北アルプス