カテゴリ:尾瀬( 7 )

紅葉の尾瀬周遊 小江戸山游会  2015年10月8日(木)

2015年10月8日 尾瀬ケ原 草紅葉と錦の山肌
a0008664_15154857.jpg


富士見峠から見晴への道筋にて・・・紅葉が素晴らしい
a0008664_15135432.jpg


アヤメ平の草紅葉 植生も回復しています
a0008664_1501676.jpg


萌える山肌
a0008664_1515110.jpg


発達した低気圧の影響で、天候は激しい風と低温、雪あられが激しく降る、あいにくの一日でした。
a0008664_1531877.jpg


尾瀬ヶ原から見る燧ヶ岳は冠雪しています。原の気温は6℃ 雪霰と強い風が吹くこの日ハイカーもまばらでした
a0008664_15163733.jpg

[PR]
by atranta | 2015-10-09 22:00 | 尾瀬

尾瀬ヶ原 夏   小江戸山遊会夏ハイク 2011・7・9(土)

                 夏の尾瀬
           
              幾度、訪れてもすばらしい
             
             
              今日はとくに緑が鮮やか
           
            登山者は少なく、久しぶりの静かな原・・・

               
                木道をわたる風に
           
               どこまでも続く緑の草原に
              
                足元の花たち、清い流れの中に
           
              見上げる残雪の山なみ、白い雲の中に
     
             深い森の奥からのカッコウの鳴き声の中に・・・

                   

    震災で大変な年ですが、生きる力をあたえてくれるのも自然なのでしょうか

写真をクリックすると大きくなります。       
a0008664_12293347.jpg


a0008664_1383032.jpg


a0008664_1384954.jpg


a0008664_1315446.jpg

[PR]
by atranta | 2011-08-30 12:29 | 尾瀬

熊 出没

尾瀬ケ原に熊出没   2006年7月28日午後1時45分頃
 山の鼻小屋から東に約500メートルの尾瀬ケ原にて、ツキノワクマに遭遇しました。
木道を歩いていると、黒い塊が木道北側の原の中をゆっくりと動いているのが・・・・・・距離は木道から50~60メートルといったところ、ハイカーは皆、足を止め、驚き見入っていました。中には怖がって早足で立ち去る人もいました。
しかしクマはそんな私たち人間をまったく無視しているようで、ゆうゆうと草の若芽を食べていました。

a0008664_21524156.jpg


a0008664_21403477.jpg

                            クリックすると画面が大きくなります。  


a0008664_21442811.jpg



ニッコウキスゲ 今年は開花が遅れ、今日は7月28日
ですが未だ見頃です。2006/7/28
a0008664_21211045.jpg



雨上がりの木道
a0008664_21292624.jpg

[PR]
by atranta | 2006-08-01 21:13 | 尾瀬

大江湿原

a0008664_231836.jpg04年夏7月6日・大江湿原・平野家の墓からの尾瀬沼
今年はニッコウキスゲの咲き始めが遅いようです。それでも青い空と緑のコントラストはすばらしいでした。
[PR]
by atranta | 2004-07-07 23:19 | 尾瀬

尾瀬沼・燧ヶ岳

a0008664_231449.jpg長蔵小屋から尾瀬沼と燧ヶ岳。この日は湖面にゴムボートが浮かんでいました。
[PR]
by atranta | 2004-07-07 23:16 | 尾瀬

尾瀬 大江湿原

大江湿原 平野家の墓から3本カラマツ、尾瀬沼を望む。
a0008664_22342471.jpg

[PR]
by atranta | 2004-07-07 23:07 | 尾瀬

尾瀬

a0008664_225828.jpg
ヒメサユリ。長蔵小屋の前に咲いていました。
[PR]
by atranta | 2004-07-07 22:59 | 尾瀬