小江戸山遊会 錦秋の安達太良山 2012年10/22・23

午前中の好天は嘘のよう、安達太良山頂は強風とガスに包まれてきた

気温8度、風強し
a0008664_2003181.jpg




安達太良山頂からくろがね小屋に向かう谷間の道を下るなか、天気は急速に崩れだした
ガスの切れ間に沢筋の紅葉が目に留まる
小屋までは、あとわずかの道のり・・・・冷えた体を温泉で温めよう
a0008664_19471534.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-11-07 19:48 | 東北の山

雲取林道 2012年11月1日

  久しぶりに大洞谷の紅葉を見に行きました。
ところが、雲取林道に入って直ぐ、鮫沢橋で通行止めに・・。
a0008664_19322491.jpg


仁田小屋沢上部付近の林道。大きな落石が・・・各所に現れて行く手を阻む
a0008664_1822522.jpg


仁田小屋尾根の支稜線の紅葉がすばらしい
a0008664_182485.jpg
[
[PR]
# by atranta | 2012-11-07 18:02 | 奥秩父

奥秩父 初秋の金峰山 小江戸山遊会2012・9・7

朝日岳から金峰山頂 森林限界が良く分かる。左に五丈岩が見える
a0008664_1033115.jpg

黒木の原生林が美しい。左の小ピークは鉄山
a0008664_1055028.jpg

風雪に耐えた朝日岳山頂の標識
a0008664_1045659.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-09-21 10:06 | 奥秩父

南アルプス白根三山縦走 2012年7月27日~30日 

午前3時に起床。あわただしくテントを撤収、4時に広河原をたち、大樺沢の雪渓にかかる
久しぶりの3000メートルの峰に心が高ぶる 今日は好天のようだ
a0008664_203992.jpg


雪渓の最上部。雪は少ないようだ
a0008664_20353224.jpg


バットレス下部のお花畑を行く登山者(他パーティー)
a0008664_2036175.jpg

今日はすばらしい天気。紺碧の空にバットレスの岩場が映える
a0008664_20404640.jpg

八本歯のコルから分岐へ向かう。コースの中でも難所である
a0008664_20411071.jpg


北岳
a0008664_20422466.jpg


北岳山荘前のテン場から日の出。この朝、気温が低くて行動開始が遅れた
a0008664_20424214.jpg


a0008664_20434287.jpg


左から千丈、鋸、東駒ケ岳、右は昨日苦労して登った富士に次ぐ高峰北岳の雄姿
(以下はクリックすると拡大します。)
a0008664_20511378.jpg


間ノ岳から鞍部の農鳥小屋 農鳥岳を望む
a0008664_2054018.jpg


雄大な南アルプスのすばらしい縦走路・・・
a0008664_2047983.jpg


a0008664_20572139.jpg


a0008664_210599.jpg


特徴的な農鳥岳の山容
a0008664_21155873.jpg


大門沢下降点。立派な鐘が付いたタワーの道標が我々を導いてくれる。ありがたい
a0008664_2103198.jpg


大門沢のテン場から程なく最初のつり橋を渡る。
a0008664_2105736.jpg


a0008664_2122862.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-09-14 20:36 | 南アルプス

梅雨の晴れ間 仙丈ヶ岳 2012/7/4

大滝の頭から北岳
a0008664_1310168.jpg
北沢峠展望台からの仙丈ヶ岳
a0008664_136174.jpg
藪沢の新緑と残雪 右奥は仙丈ヶ岳
a0008664_11293051.jpg


馬の背ヒュッテ下部 藪沢雪渓
a0008664_11271245.jpg
     
 
鋸岳
a0008664_12543318.jpg

a0008664_12563753.jpg


朝の東駒ケ岳
a0008664_130339.jpg

南アルプス林道 (2012・7・4)
          歌宿付近で逢った日本カモシカ
            至近距離での撮影で、こちらも緊張する
              あまり気にしないで草を食べていた
a0008664_1123536.jpg
a0008664_11231316.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-07-07 11:24 | 南アルプス

甲州高尾山 2012・5・24 小江戸山遊会山行

      中央本線勝沼ぶどう郷駅前から、実のつき始めた葡萄畑の中を

        緩やかに登ると、程なく大滝不動尊についた

      この滝、水量は見劣りするが、落差はとても大きい滝であった
a0008664_10505779.jpg


      
              甲州高尾山山頂よりの東面の眺望
  
    山頂は、南が開けており、西に甲府盆地、眼下には勝沼の葡萄郷が広がる

     降りはのんびりと登山道の脇のワラビを摘みながらの楽しい下山であった

a0008664_110897.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-07-07 10:51 | メモリー

日和田山~物見山~北向き地蔵~宿谷の滝~白銀平

日和田山、ロッククライミング練習場

昔から、ここで岩登りの基本を身につけた人は数多い

多くのクライマーを育ててきた

男岩そしてこの女岩・・・・

懐かしい

a0008664_21561440.jpg


やさしい感じの宿谷の滝・・・西に落ちかけた陽が落口にかかり、水が輝いて見えた

水量も今日はちょうどよい

a0008664_2155596.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-03-20 21:56 | 奥武蔵

蔵王 2012年3月8日

豪雪に埋もれた地蔵さん
a0008664_2135382.jpg


数日前の雨で、樹氷は崩れてしまったらしい
a0008664_2137985.jpg


雪崩の恐れがあるため、この日は登山禁止の立て札がありました
a0008664_21395381.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-03-20 21:35 | 北の山々

二本木峠~大霧山~定峰峠 小江戸山遊会 2012・2・17

二本木峠への登山口、打出バス停から歩き始めてまもなく、朝日に輝く金色の福寿草が目にまぶしい
a0008664_2111257.jpg


大霧山への登り
低山とはいえ稜線の北斜面は雪が多く、日差しは春の気配が感じられるが吹く風は冷たい
a0008664_21115540.jpg


旧定峰峠にて・・・午前中の好天はどこへ・・ここから小雪が舞う中を定峰峠を経て、白石バス停までを駆け下りた
a0008664_21201113.jpg

[PR]
# by atranta | 2012-03-20 21:01 | 奥武蔵

吹き割りの滝付近

a0008664_226338.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-12-09 22:06 | メモリー

山の料理 谷川岳 芝倉沢新道出合にて 2011年11月12日

今日は寒いのでキムチ鍋・・・
a0008664_2233636.jpg



a0008664_2241412.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-12-09 22:04 | 谷川岳

奥秩父 雲取林道 2011年10月21日~22日 

     大洞川に沿う、雲取林道をたどる 紅葉はこれからの様子

            この年の台風による土砂の崩落が多い

         荒沢谷の手前700m程のところで大きく埋まっていた

                    通行止め・・・・・・ 
a0008664_20384371.jpg


                   ろうそくの明かりがたより・・・
a0008664_2040221.jpg


              今日は終日・・・・雨・・・・明日もか・・・・

           
          仙波尾根 鹿の楽園でのキャンプ予定はあっさりと

                  小屋泊まりに変わった

              
                薪ストーブを囲み至福のとき・・・・

           夜がふけるころ、いつもなら鹿たちが私たちのいる
           
               小屋の周りに様子を見に来るのだが

         この夜は鳴き声も聞こえない・・・激しい雨音だけが夜通しなっていた

a0008664_20402377.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-11-07 20:38 | 奥秩父

燕岳・餓鬼岳・唐沢岳縦走 2011.10.4~10.7

       北アルプス 3大急登の一つとされている 

   アルプス銀座入り口、合戦尾根の上部にある山小屋

         夏は名物の冷やしスイカが売られています
a0008664_859498.jpg



     小屋の前のウラジロナナカマド 紅葉はすでにおわっていました
a0008664_8595414.jpg



        燕岳より新雪の鹿島槍、白馬岳が遠望できました 

    美しい山容の燕岳・・・・ Q氏は100のうちには数えてはいません

       左の奥には裏銀座コースの烏帽子岳が見えています
  
    その右には針ノ木岳も           (写真をクリックすると大きくなります)
a0008664_915113.jpg


a0008664_9153028.jpg



         風雪にさらされ、永い歴史を感じさせる道標

       ここを歩いた幾多の登山者を導いたのでしょか

         静寂の東沢乗越にて 2011・10・5
a0008664_921950.jpg



     唐沢岳に続く稜線 遠くは裏銀座コースの野口五郎岳 餓鬼のコブにて
a0008664_9434931.jpg



       槍ケ岳遠望 大槍、小槍、孫槍がはっきり・・・・・左方向は西鎌尾根
a0008664_9441088.jpg



         昨日、風とみぞれの中を苦労して歩いた剣吊りの稜線
a0008664_9443589.jpg


a0008664_9445050.jpg


        御前橘 こんなに多くの実をつけているのはあまり見かけません
a0008664_945797.jpg


               餓鬼のコブから唐沢岳
a0008664_9524490.jpg


a0008664_1062728.jpg



a0008664_9461236.jpg


                      餓鬼岳
a0008664_9452188.jpg


                 険しい尾根がつづく剣吊り
a0008664_945397.jpg



               朝焼けに染まる剣吊りへの稜線
a0008664_9593454.jpg




          この朝、餓鬼岳小屋は雪が舞っていた   2011・10・7
               6:30に小屋をあとにし下山開始。
        白沢口までの道、後半は白沢沿いになる。滝やゴルジェが多く
              高巻き、岩場のへつりが多くなり険しい。
       タクシーの予約時間12:00・・・・少し前に下山することができました。
a0008664_9595214.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-10-14 08:59 | 北アルプス

小江戸山遊会山行 南アルプス仙丈ヶ岳 2011.9月9・10日

仙丈ケ岳登山口? ここは戸台口にある仙流荘の南アルプス林道バス発着所
現在はここから北沢峠まで、専用バスで50分で登ることができます。


      「その昔は、ここより車で10分ほど上流の戸台に、

     伊那北駅発の国鉄(今のJR)バスの終点がありました

      そこでバスを降りて北沢峠までは、丸一日を要しました

   大きな麦わら帽子を被り、重いキスリングザックを背負い、炎天の
 
    戸台川を遡行、八丁坂をあえぎ登って・・・やっとのこと北沢峠に」

   
      小生の初めての南アルプス行、今から45年前、当時16歳

          高校山岳部夏の合宿のときのことです・・・・

a0008664_21502372.jpg


馬の背ヒュッテから早川尾根に登る日の出  2011・9・10
a0008664_21514856.jpg


朝日を受ける小屋・・日の出を見た後、小屋に入ると中では暖かい食事が用意されていた。
a0008664_21522211.jpg


中央アルプス 木曾の御岳も見えました
a0008664_21525524.jpg

仙丈ケ岳
a0008664_21533273.jpg


鋸岳の稜線の向こうには八ケ岳
a0008664_21534785.jpg


a0008664_21554977.jpg


a0008664_2156951.jpg


          仙丈ケ岳を後に小仙丈ケ岳へと向かう 

    南アルプス3000メートルの稜線散歩を心ゆくまで楽しみながら・・・・

       
         空にはホシガラス、イワヒバリが忙しく飛び交い

           仙丈カールには、ハイマツと赤く色づいた

           ウラシマツツジとのコントラストが・・・・・

(写真をクリックすると大きくなります)
a0008664_22232728.jpg


快晴の仙丈ケ岳山頂にて 2011・9・10
(写真をクリックすると大きくなります)
a0008664_222042.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-09-16 21:54 | 南アルプス

尾瀬ヶ原 夏   小江戸山遊会夏ハイク 2011・7・9(土)

                 夏の尾瀬
           
              幾度、訪れてもすばらしい
             
             
              今日はとくに緑が鮮やか
           
            登山者は少なく、久しぶりの静かな原・・・

               
                木道をわたる風に
           
               どこまでも続く緑の草原に
              
                足元の花たち、清い流れの中に
           
              見上げる残雪の山なみ、白い雲の中に
     
             深い森の奥からのカッコウの鳴き声の中に・・・

                   

    震災で大変な年ですが、生きる力をあたえてくれるのも自然なのでしょうか

写真をクリックすると大きくなります。       
a0008664_12293347.jpg


a0008664_1383032.jpg


a0008664_1384954.jpg


a0008664_1315446.jpg

[PR]
# by atranta | 2011-08-30 12:29 | 尾瀬